春アジングで釣果を伸ばす。スーパージャコをススメる理由とは

だんだん気温も暖かくなってきて風がないと夜でも暖かいと感じるようになってきました。そんな春の季節はタイミングによっては大きく反応が違います。

そんなアジの生態を学びつつアジングでの狙い方を見ていきましょう。

春は産卵の季節

春はアジにとっては産卵の季節です。地域にもよりますが、おおよそ2〜5月頃が産卵時期となりますが、産卵前、産卵中、産卵後と食いつきが全然違います。

では、春アジングに一番いいタイミングはどこでしょう?

それは産卵前です。産卵前のアジは体力をつけるために荒食いをします。ルアーにも積極的にアタックします。

そして産卵中はまず口を使いません。もちろんみんなが一斉に産卵するわけではありませんので、投げても絶対釣れないとは言いませんが、いつもは釣れている場所でノーバイトなら産卵中なのかもしれません。

最後に産卵後。体力回復のためエサを食べるようにはなるのですが、反応はしにくいので、なるべく口元にエサを運ぶようにしてみましょう。

アミパターン微波動がおすすめ

産卵前の荒食いといっても、何でもかんでも食いつくわけではありません。人間も出産前は食べやすいものを口にするのと同じように食べやすいものが好まれます。

アジも同じです。アジにとって食べやすいものといえばプランクトンです。なので、アミパターンのカラーが一番おすすめです。シルエットも小さいほうがいいのでクリアカラーがいいですね。

状況にもよりますが、ワームサイズも小さめがいいでしょう。ただサイズにもよるので、反応を見ながら変えてみましょう。

スーパージャコの微波動を生み出す無数のリブ。アジにナチュラルにアピールしてくれる。

波動が強めのワームはなるべく避けた方がいいです。プランクトンを好んで食べるということは、波動が強すぎると見切られてしまいます。

アクアウェーブだとスーパージャコがおすすめです。スーパージャコに軽めのジグヘッドをつけて、ゆっくり誘ってみてください。

レンジキープも忘れずに。荒食いと書きましたが元気にあちこち泳ぎまくるわけではありません。海水を吸い込むように捕食しますので、じっくりタナを保って攻めましょう。特に産卵後を狙う場合は、ほとんど動かないので、口元に届けるようなイメージで動かしてみましょう。

こんなふうに難しい季節の春ですが、同時に釣った時の喜びは格別です。ぜひ垂涎の1尾を味わいましょう!

スーパージャコの魅力

王道のボディ、そして細かいリブが特徴のスーパージャコ。前述したように波動が強過ぎず、ナチュラルに誘ってくれるのでこのシーズンおすすめのワームです。

スーパージャコには2.4inと1.6inがラインナップされています。春アジには1.6inがぴったり! もちろんアジのサイズにもよるので、例外はつきものですが、この季節はまず小さめのワームから投げてみましょう。

春におすすめのカラー

クリアー/レッドF

THEアミカラー。この時期にぴったりフィットしたカラーです。常夜灯の明暗の間をゆっくりフォールしてあげれば食いついてくれるはず。

GFクリアピンク

グローの入ったピンクカラー。シルバーラメがプランクトンのように見せてくれます。クリアー/レッドFでは反応が悪いと思ったら使ってみてください。

他にも春に使えそうなカラーがたくさん! 反応を見つつカラーローテーションしていきましょう!

問い合わせ/アクアウェーブ ℡ 0794ー85-4578

タイトルとURLをコピーしました