クランクベイトでロックフィッシュゲーム ミヤビス45DR 実釣インプレッション

クランクベイトの可能性

クランクベイトはバスフィッシングを経験したことがあるアングラーにとってはおなじみのルアー。コロンとした丸みのあるボディに大きなリップが取りつけられ、どこか愛嬌のあるこのルアーは、ハゼを対象魚に加えたことで、ソルトウォーターの世界でも注目されるようになりました。

そして今シーズン、大ブレイクの気配を見せているのが、クランクベイトを駆使して、ショアからカサゴ(アラカブ・ガシラ)やハタ類を攻略していくロックフィッシュゲーム。この釣りの可能性に魅力を感じた佐々野義記さん(山本釣具センター菊陽バイパス店副店長)は、いち早く積極的に取り組んでいます。

この日、向かったのは熊本県上天草市龍ヶ岳町で、大道港付近の敷石が続くエリアにアプローチ。満潮のタイミングには足場が水没する短時間勝負のスペシャルなステージです。

使用するルアーは「ロック専用・ボトムトレーサー」としてリリースされたアクアウエーブ/ミヤビス 45DR。

このクランクベイトの最大のストロングポイントはボトムを直撃する急速潜行力で、強めのウォブリングでターゲットに猛アピール。スローリトリーブでもしっかりと泳いでターゲットを惹き付けます。

根掛かり回避に有効な浮力を確保したボディは全長45㎜で、重さは扱いやすい7.4g。3m+の圧倒的な潜行能力で広範囲のボトムを隈なく探索していきます。

手軽さと奥深さ

キャストがしやすい点もミヤビス45DRの長所で、タックルは佐々野さん推奨のエギングロッドの流用や、バス用のタックルでもOK。まずは使い慣れたタックルで手軽にチャレンジしてみると良いでしょう。

素早いリトリーブでミヤビスをボトムに到達させた佐々野さんは、横にサビくようなロッドワークでルアーの浮上を抑えます。ミヤビス 45DRの基本的な使いは、ボトムへのコンタクトですが、底を切っているときのバイトも多く、海中にある限りあらゆるタイミングでヒットを期待できます。

搭載された大きなリップは上手く海底の障害物をかわしてくれますが、佐々野さんが留意していたのは小まめなラインのチェックで、少しでもリーダーにキズが入っていたらすぐに結び直すことが肝心です。ちなみに佐々野さんがリールに巻いていたのはPEライン0.8号で、リーダーはフロロカーボンの3号を結んでいました。

ミヤビス 45DRの厳選されたカラーバリエーション(10色)はいずれも釣れ筋で、朝まづめはブラッディーレッド、明るくなってからはマットオレンジタイガー、潮位が高くなっところでパステルクラウンへとローテーション。刻々と変わっていく海の状況を見ながら、どの色が当たりなのかを考えるのも楽しいです。

潮位が上がってくるにつれてショートバイトが頻発するようになりましたが、どうやらこれは小型のカサゴの仕業。このまま攻め続けることができれば釣れる気配が濃厚ですが、足場は徐々に水没しつつあり、安全第一ということで早めの移動を決断しました。

ディープエリア攻略

大道港に場所を移して釣りを再開。ここは水深が3m以上あるため、クランクベイトのキャロライナリグを組んで攻めます。

佐々野さんのキャロライナリグのキモは、ミヤビス 45DRを確実にボトムまで導き、リトリーブを開始することにより底を切る絶妙な重さのシンカー。このシンカーが支点となることで、ミヤビス 45DRのキビキビとしたアクションを損なわずにディープエリアを攻めることができます。

狙いを定めたのは港内のカサゴで、根掛かりのリスクを考慮して波止と平行にリグを撃ち込んでいきます。

ルアーの動きを確実にロッドティップで感じながらリトリーブ。ボトムをノックしたところでストップ&ゴーで誘いをかけると、

「きました!」

パステルクラウンのミヤビス 45DRが見事にカサゴを誘い出しました。

その後は強烈な北西風が吹き始めたため、潮位が下がるのを待って再び朝の本命ポイントへ。日没までの短時間勝負を挑みます。

一撃必釣のキャロライナリグをロングキャストし、沖目から広く探ったのは敷石の先端にある岩礁帯。ここで再びミヤビス 45DRが抜群のアピール力を発揮し、カサゴをヒットに持ち込みました。

口元をフロントフックが捉えていたのはしっかりと食ってきた証拠。夕まづめのカサゴは気持ちの良いアタリを楽しませてくれました。

取材協力/山本釣具センター 菊陽バイパス店 ℡ 096-339-2888

問い合わせ/アクアウェーブ ℡ 0794ー85-4578

タイトルとURLをコピーしました