【馬上憲太郎】今から始められるアジング・メバリングAtoZ ライトゲーム基礎講座

瀬戸内を舞台に論理的な展開で釣果を叩き出すエキスパートである馬上憲太郎(ばじょう・けんたろう)さんにアジングやメバリングなどのライトゲームの基礎を指南してもらおう!

気軽にトライできるアジング&メバリング

おかっぱりのライトゲームでは潮位や流れの利き具合を考慮してポイントを選ぶことが重要だ。潮が満ちると浸かる石積みや、潮位によって攻略できるかどうかが変わってくるブレイクラインなど、地形変化を見極めつつ、タイミング良くエントリーする。また、回遊が見込める海峡に面した釣り場がいいのか、魚が溜まりやすいワンドの奥がいいのか、はたまた外海側か内海側と、釣況を吟味しながらランガンしていく。

道具立てはシンプル!だが、十分な配慮も必要

携行するのは主にワーム、ジグヘッド、シンカー類。それらを小分けにできるケースに入れ、状況に応じてローテーションする。ライトゲームで多用されるジグヘッド+ワームは、定速で巻くと一定のレンジでアクションするミノーとは違い、釣り人が意図的に操作することでさまざまな演出が可能なルアーである。馬上さんは0.3〜4.5g のジグヘッドのほか、強い流れや深場を攻略するため のキャロやスプリット、テキサスキャロ用のシンカーを備えている。ワームは1.4〜2.4inのストレートタイプやピンテールタイプ、そのほかアミやムシをイミテートした小さなワームまで幅広いアイテムを取り揃えていた。

シンカー
ラインにセットし、遠投したり急流を探る。
ワーム
アクアウェーブのスーパージャコやフラップイールなど1.6〜2.4inを主に使用。
【ジグヘッド 】
A.W.ロックヘッドやA.W.スイムヘッドを単体で使ったり、その他のリグでルアーを安定させるのに用いる。
【タックルバッグ】
ライトゲームで使用する主なアイテムは比較的少ない。これらをバッグにまとめ、テンポ良くランガンする。

タックルは主に2本。1.5lbの極細フロロで軽量ジグヘッド単体を操るために用いるのが6ft台のショートレングスモデル、もう一方はメインラインにPEを使用し、キャロやスプリットなど重めのリグで遠投したり深場を探る際に出番となる7ft台である。

アジングとメバリングでは狙う場所や攻め方が変わってくる。アジンは軽量なジグヘッド単体をフォールさせてアタリを感じ取って掛ける釣り。レンジを意識しながら潮が当たるところや反転流などが起きるポイントを狙う。メバリングは表層やストラクチャーをタイトに攻めるのが有効で、バイトを弾かずものにできるロッドが適してい。

馬上さんはオリムピックのグラファイトリーダー/ ヌ ーボフィネッツァプロトタイプ S.T.Limitedの3機種を使用。ジグヘッド単体ではGNFPS-6102L-HS、スプリットリグなどで探るのには752L-Tや7112ML-T。
【リーダー 】
キャロやスプリットなどのリ グの際 、P E の先に結ぶ。
【フィッシュグリップ】
体表が滑りやすく、手にした後 暴れるアジをつかむのに便利。 内側に凹凸があるものを選ぶ。

ライトゲームで重要な基本操作について

ポイントの水深や流れの強さにもよるが、パイロット的に1.25g のジグヘッドに2in前後のワームをセットする。ルアーの着水後はすぐに糸フケを取る。ラインがフケていると風に煽られ、軽いルアーは浮いてしまう。おまけに余分な糸フケがあるとアタリが分かりづらくなるからだ。

フォール主体で誘い、わずかな反応に アワセを入れて掛けるアジングではロッドを立てて繊細なアタリに備える。対照的に、メバリングの場合はルアーを定速で引き、アタリがあったらゆっくり加速しながらアワセを入れるスウィープフッキングが基本なので、そのための可動域を十分に取る上でもティップを下げ、レンジキープしながらリトリーブする。

どちらの魚を狙うにせよルアーをアピールさせるためにアクションをつけるときはティップを軽く跳ね上げるようにする。アジングでルアーをフォールさせる高さを稼ぐときは、その動きを4〜5回連続して行いながら巻き上げ、再び沈める。

アジングでは一定の層でのリフト&フォール以外に、メバリングでよくやる定速リトリーブ も効く。小魚を活発に捕食しているときは水面でボイルする例も少なくない。そんな事例では水面直下をスローに引いたり、ダートさせてアピールするとバイトしてくる。メバリングでは表層を引くというのがセオリーになっているが、ストラクチャー際やボトム付近で良型が食ってくるケースもよくあるす。攻め方に関しては基本事項はベーシックなこととして捉え、状況に応じて臨機応変に攻めることが重要だ。

「ライトゲームは気軽に挑めることに加え、狙いを的中させて仕留めたときの喜びがひとしおです。いよいよ好機到来間近! ぜひトライしてくださいね」

タイトルとURLをコピーしました