春のメバルプラッギング ミッドマジックを使いこなすには?

メバルプラッギングは巻くだけで簡単に楽しめる釣りです。しかし、どんな釣りでもルアーの特性を知らなければ釣れないのは一緒。

今回紹介するミッドマジックはシンキングミノーです。ではシンキングミノーが活躍する場所とはどこなのでしょうか?

できるだけ足場と水面が近い場所

他のルアーにも言えることですが、足場があまりにも高いと、ラインが風に煽られやすいので、アタリが取りづらくなったり、アクションにも影響してきます。

また角度が強すぎて、足元に来る前に浮いてきてしまうのも大きな問題です。ワームの場合そのあたりのケアは難しくないですが、ミノーはリトリーブで誘うのでどうしてもそこに差が生まれます。

足場が低いと水面に対して平行に近い角度になるので風に煽られにくくなりますので、アクションもしやすいです。さらに足元までしっかり泳いでくれるので、最後までアピールしてくれます。

もし足場が高いところで使いたい場合は、しゃがんだ状態で、できるだけスローにリトリーブをしてみましょう。ロッドの位置が低くなるので大幅に改善します。

さらに岸際のチェックを必ず行いましょう。これで岸際をケアすれば、ある程度の足場の高さなら攻略できるはずです。

藻場は根掛かり注意

藻の背が高いと、どうしても根掛かりのリスクが高くなります。

とはいえミッドマジックの潜行深度は最大40㎝ですので大抵の場所なら大丈夫です。目に見えるほど高い藻の場合なら、あえてそれを利用して、藻の位置から少し離した場所を泳がせてみましょう。根掛かりを回避でき、かつ藻に潜むメバルを狙うことができます。

浅瀬などで根掛かりが怖いときは、シャローマジックの潜行深度が最大20㎝なので切り替えてみましょう。

マッチザベイトを意識しよう

基本的なことですが、マッチザベイトを意識しなければ釣れるものも釣れません。

4月のメバルはアフタースポーンの時期で体力を回復のため荒ぐいしています。

アミパターンが主力になりますが、アミばかりを食べているわけがありません。ある程度体力が回復したらベイトフィッシュも狙いますし、シーバスで有名なバチもメバルは食べます。なのでバチ抜けもメバリングには重要な要素です。

そのフィールドをよくみて、メバルが何を食べているか推理してみましょう。うまく合わせることができれば尺メバルも夢ではありません。

そもそもなぜ春はプラグがいいの?

まずマッチザベイトの視点から話しますと、出産直後は小魚を追いかけられるアミを捕食しますが、その後は子イカ、イカナゴ、ボラの稚魚、シラスなどを捕食するフィッシュイーターになります。

そういったベイトフィッシュを演出するのに向いているのがプラグというわけです。

またプラグはワームに対するスレ防止の意味も持ちます。

秋や冬はプラグでも釣れないわけではないですが、ワームがメインになります。

つまりメバルたちは、これまでずっとワームばかり見てきたということになります。春まで生き延びたメバルたちはそれなりの知恵をつけているので、ワームを警戒します。要するにスレるわけですね。

このスレを回避するのに効果的なのがプラグ。というわけです。

ただし、あくまでこれは一例。ワームにしか反応しないパターンも存在しますので、いろいろ試してみましょう。

ミッドマジックの使い所

ミッドマジックは同じシンキングミノーのシャローマジックと合わせて使うのがベスト。

▼ シャローマジックの情報はこちら ▼

シンキングミノーはレンジキープが得意なルアーなので、タナで使い分けるのが一番効果的な釣り方です。

潜行深度が最大20㎝のシャローマジックと最大40㎝のミッドマジック。どちらもレンジキープが得意なミノーの特性を生かして使い分けましょう。

さらに、ミッドマジックは水馴染みがよくデッドスローでもしっかりタナをキープしてくれます。

アクション

着水したら少し待って沈ませます。ワームと同じようにカウントしてある程度沈ませたらリトリーブ。基本的にはこれだけでOK。

あとは速度を調整してあげれば大丈夫。それでも食わないときはトゥイッチングを入れてリアクションバイトを狙ったり、ストップ&ゴーで食わせの間を入れてみるのも有効です。

ミッドマジックのリアフックはスローリトリーブ時アクションギャップを調整するためにツインスプリットリングとなっている。こういった細かい調整がナチュラルなアクションを生み出す。

カラーバリエーション

カラーは全15色。あらゆる場面で使用できる豊富なラインアップとなっている。特に2021年12月に発売された新色には期待大ですね。この時期だとアミパターンでも使いやすいホタルイカが活躍しそうですね。

問い合わせ/アクアウェーブ ℡ 0794ー85-4578

タイトルとURLをコピーしました