ミッドマジックが威力を発揮する季節に突入。優しいアクションでメバルへ猛アプローチ 

だんだん肌寒くなり、人も魚も冬支度。こんな時に元気になる魚といえば根魚。特にメバリングを楽しむにはぴったりの季節になってきた。

風や潮の流れが強いとき、またはワームを噛みちぎるような厄介な外道がいるときなどに試したいのは、やはりプラグ系。最敵なアクアウェーブのミッドマジックを紹介しよう。

潜行深度40㎝「シャローマジック」よりやや深い。

メバリングミノーの定番「シャローマジック」が潜行深度20㎝に対して、ミッドマジックは、それより少し深い40㎝まで潜る。メバルがいる遊泳層によって、使い分けが可能になったというわけだ。

もしそれより深い場所をサーチしたい場合は、シンキングなのでカウントダウンしてレンジを下げて巻いていくと良いだろう。

メバルの場合、堤防の岸壁沿いや石積みなど比較的水深の浅い場所に多く生息している。そういったポイントを攻めたいときにはちょうど良い深さだといえる。

特に、秋・冬シーズンは浅場の岩や海藻がある場所に子供を産むため群れができる。そんな場所を狙ったり、岸壁際に沿って引いてくると効果的。

シャローマジックとの使い分けだが、おすすめはアミパターンなど活性が高いと思ったら、まずシャローマジックを投げて様子を見る。それで反応が薄い場合はミッドマジックに替えてレンジを落としていくのが理想的だ。

控えめな演出で確実に口を使わせる ウォブンロールアクション

ルアーではよく「強烈なアピールで魚を誘う!」などの謳い文句があるが、メバルの場合、控えめなウォブンロールアクションが効果的だ。動きが激しいと、メバルには見切られてしまう。

そしてメバルの時合は短い。せっかくレンジが分かっても、見切られてしまっては意味がない。

このミッドマジックは、アクアウェーブが「食わせのマイクロダイバー」と謳っているだけにアクションがナチュラル。くねらせるようなウォブンロールアクションで自然にアピールしてくれる。

厚めに作られたオフセットリップがこの動きを生み出している。食わせるために遅めのリトリーブでもしっかりアクションをしてくれるので、スレているときはかなり役に立つ。

またこれだけ厚いリップだから破損の心配が少なく、タイトに攻めることが可能だ。

手助けをしてくれているのが、リアフックのツインスプリットリング。通常、フックを付ける場合は、スプリットリングは一つだが、このミッドマジックはリアのみ二つ。こうすることにより、絶妙なバランスを生み出し、ナチュラルアクションを再現する。

そのため、フック交換には一つ注意がある。他のルアーにも言えることではあるが、フックを交換するとアクションも若干変わる。なので、このバランスを保ちたい場合は、カルディバのST-26 #14フックを標準装備しているので、交換の際の目安にしよう。

ナチュラルな誘いが呼び起こす釣果

基本的にはメバリングのミッドマジックではあるが、使い方、使う場所によってはこんな良型のシーバスも狙えてしまう。それほどまでにミッドマジックのアクションは自然だということだ。

カラーバリエーション

カラーはメバルが意識するクリアカラー主体。常夜灯や太陽光がある場所で絶大な効果を発揮する。

小鰯/グローベリー

シルバー系のナチュラル系イワシカラー。そのままイワシを捕食しているような状況などに期待できる。

シラウオ

ラメ入りのクリアカラー。常夜灯下はもちろん、デイゲームでも釣果は堅い。

C.レッドヘッド

ルアーの定番かつ代名詞レッドヘッドカラーのクリアボディ。赤い部分がエラの赤色と魚からは見えるので一つは持っておきたい。

シグナル

一見シラウオのクリアカラーにコットンキャンディーカラーを加えたような色合い。活性が高い時には是非とも使っていきたい。

生イカナゴ

イカナゴはコウナゴとも呼ばれる一般的なベイトフィッシュだが、かなり忠実に再現されている。しかもクリアカラーで常夜灯下も強い。イカナゴパターン必須のカラーだ。

ミミイカ

ミミイカといえば胴長たったの3〜4㎝の小さいイカのことだが、まさにそれを意識したカラーリング。フィールドでのベイトがわかっていればこちらのものだ。

イザヨイ

チャートカラー系のイザヨイは、使い所といえばやはり濁りがある水質の時だろう。アピール力も高いので、ここぞという時に使おう。

闇シラス

背中側がクリア、底が黒となっており、シルエットがはっきりしやすい。

焔シュリンプ

どう見たってエビにしか見えない模様のシュリンプ。ラメも入っておりアミパターンにも効果的。アクアウェーブの塗装技術の高さに圧倒されそうなカラーだ。

六花シュリンプ

エビにしか見えないシュリンプカラーの白バージョン。焔とのカラーローテーションで使っていきたい。なお、公式インスタグラムで語られていたが、一つ仕上げるのに必要なスプレーマスクはなんと4枚。手間隙かけて作られたまさに芸術品だ。

C.オレンジタイガー

こちらも塗装技術の素晴らしさに圧倒されるカラーだ。うっすらと蛍光色が入っているのもポイントなビビットカラー。アピール力の高い逸品だ。

C.ピーチタイガー

オレンジタイガーのピンク版。メバルはカラーで食いが変わるので、ローテーションに加えておきたい。タイガーパターンはAとWをイメージしているとのこと。

このようなさまざまなルアーで実際に釣れてしまうのだから、ルアー釣りはやめられない。

Mid Magic : 50mm / 3.0g / ¥1,540(税込)

▼ シャローマジックはこちら ▼

問い合わせ/アクアウェーブ ℡ (0794)85-4578

タイトルとURLをコピーしました