【実釣インプレッション】ライトゲーム釣行 スーパージャコでメバル狙い撃ち

釣りの記事を編集したり、書いたりしていると、実際に自分も同じ釣りがしたくなるもの。ということで「ライトゲーム」に行ってきました。申し遅れました、今回の実釣インプレッションは釣りTOPICS編集者のTです。アジングは初心者を脱しきれない僕ですが、「いつか尺アジ」を目標にロッドを振っています。

5月も後半に入ると、北九州エリアのアジは産後で激シブ、メバルは夏レベルの水温で深場に潜む傾向にあり、デイでのライトゲームは辛い環境。それでも釣りに行きたくなるのがアングラーというもの。関門海峡に面した門司港近くでロッドを出してみました。

まずはヒットパターンを探ってみます。

マッスルバグの圧倒的な集魚力

コサバのかわいいアタリで連続ヒット。ハリ掛かりしないアタリもあり、目の前で流してみると幼魚たちが集団でマッスルバグをつついていた。

朝まづめの午前5時45分にスタート。まずはアクアウェーブのマッスルバグ1.8inで様子見。ジグヘッドは1gをチョイス。すると、くすぐるような可愛いアタリがいきなりありました。しかし相手は小サバ。ボウズの可能性も頭にはあったものの第一投目で難なく1尾をゲット。信頼できるタックルに助けられました。

あとは本命をと思いきや、その後も同じようなアタリが連続できます。が、ハリには掛からず。試しに、真下にワームを落としてみたのですが、まるでサビキのマキエに群がるようにマッスルバグを集中攻撃する幼魚たちの姿が見えました。

アクアウェーブのワームには、エビフレーバーが入っているのでサビキのマキエと同じように反応してくれたのです。マッスルバグの集魚力はすさまじく、足元をシェイキングするだけで、群れている小サバが連続して釣れます。

サイズアップを図るも……

ここでサイズアップのために、いくつかのルアーをローテーションして反応を探りますが、反応はイマイチ。こういうときこそ基本が大事。まずは情報集めとして周りを観察してみます。

この日はサビキの釣り人が多く、釣果もそこそこ出ていました。ただ釣れていたアジはワームを食いきれないほど小さい。どうやらサビキ釣り師たちもかなり小さなハリを使っているようで、アジングはどうやら難しそうです。

サビキで釣れていたアジのサイズはワームと対して大きさが変わらない……。やはり夏まで待たないと豆アジがワームでヒットするサイズには至らないようです。

そこで狙いをメバルに切り替えてみました。この日の最高気温は26℃の快晴。すでに届かない距離まで潜ってしまっているかもしれません。

どうしたものかと悩みながら海を見てみると、ふと、あることに気付きます。このエリアはL字型の堤防なのですが、ベイトが右へ右へと何かを追いかけるように泳いでいたのです。そういうことか! と気付いた僕が手にしたのはスーパージャコ2.4in。

分かりやすく上の図で表すと、潮の流れが東側の堤防への当て潮になっており、その潮に向かってサビキ釣りのマキエのあまりが流れて、それをベイトが追いかけていたようです。

そして東側の堤防では、写真のように影ができていました。それなら、メバルは影になっている部分で涼みながら、勝手に流れてくるマキエを捕食しているのではと予想したのです。

予感的中! テクトロ スーパージャコ

そこで、影と日が当たっているところの境目をトレースするようにテクトロしてみます。この予想が見事的中し、数歩歩いたところでロッドがしなりました。確実に小サバではないアタリです。

「やっぱりそこにいたか!」安堵の声と共にメバルとご対面。ライトゲームの楽しさを改めて再認識させてくれました。

一般的にライトゲームには厳しいといわれるこの時期ですが、やはり釣りは投げるまで釣れるかどうか分からないものです。とても良い経験になりました。

メバルを釣れてきてくれたスーパージャコ2.4in。リブが細かく刻まれた王道ピンテール。

問い合わせ/アクアウェーブ ℡ 0794ー85-4578

タイトルとURLをコピーしました