微波動アピールとスローフォールを両立! AquaWave フラップイール

特徴的なテールが、滑らかな動きとスローフォールを生み出し、吸い込みやすい素材で完成された形を生み出した。それが、アクアウェーブのフラップイールだ。

ストレートに近い形のワームだが、上の写真のように4.5gのジグヘッドでも食ってくるほどのスローフォール。その秘密を解説していこう。

絶妙なバランスが、程よいアピールを生み出す

一見するとピンテールやストレートにも見えるがパドルテール。ストレートやピンテールはアジングのメインウエポンではあるが、近年では吸い込みやすさを優先してシャッドテールやカーリーなどが注目されていた。このフラップイールはそのいいとこ取りといったところか。

ピンテールだとハリ掛かりしなかったりアピール力が若干足りない場合、だからといってシャッドテールだとアピールが強すぎて見切られて食わないというような状況で活躍するだろう。

というのもグラブやシャッドテールのようなテール形状だと、どうしても強めの波動になってしまう。それがアジにとっては過剰すぎるアピールになり、見切らてしまうことがある。

フラップイールの場合はストレートに近い形状でリブがかなり細かく刻まれているので絶妙な微波動を生み出す。なので吸い込みやすく、かつ強すぎないアピール力になるわけだ。ちょうど中間的な性能と言えるだろう。

パイロットとして使い、アジの反応によってピンテールやシャッドテールに変えるなど、反応を見比べながら微調整できる、使い勝手の良いワームといえる。

最大の武器は肉厚テールにあり! スローフォールを実現

またアジは基本的にスローフォールの方がバイトしやすい。軽く、平たく水の抵抗を受けやすい肉厚テール形状のおかげで、ストレートワームよりもフォールスピードを稼いでくれる。

風が強いときなどにも有効だ。シャッドやクラブより風の抵抗を受けにくいボディでありつつ、着水後は平たいテールがスローフォールを実現させる。

だからフォール速度を変えず、普段よりもジグヘッドを重くするなんて使い方もありだ。ジグヘッドを重くして遠投しないと届かないが、活性が低くできるかぎりスローフォールさせたいときなどにこの戦略は有効だ。他にもいろいろ応用できそうだ。

PVC素材に強烈エビフレーバー配合

本製品はPVC素材。素材を生かして強烈エビフレーバー配合されている。柔らかく伸縮性も強く、引っ張ったら二倍くらいの大きさになる。

アジが吸い込むと伸びる分、食いつきやすくなるので、まさにアジング用素材と言えるだろう。

吸い込まれたときにはテールが折り畳まれるので、ハリにしっかり掛かってくれる。上の写真のようにガッチリ上アゴに掛けるのがベストだ。

初めてでも安心! セットしやすいガイドホール付き

アクアウェーブではお馴染みの下穴付き。急いでいるときや初心者もこれならば安心だ。下穴の大きさは他のアクアウェーブの下穴付きワームに比べて小さめ。これはアジングに最敵な仕様となっており、アジング用ジグヘッドを付けてみるとスルッと入っていく。

カラーバリエーション

カラーは計8色。基本に忠実なラインナップ。これならばカラーローテーションにも困らないだろう。

パールホワイト

アジングの定番色パールホワイト。ナイトゲームで目立ちやすい。パイロットルアーとしても最適だろう。後は様子を見てグローやクリアカラーに切り替えてみよう。

ピンクグロー

おなじみアピールカラーの定番ピンクのグロー。夜釣りはもちろん、ワームをとにかく目立たせたいならこれ。

SG グリーン

メロンカラーに近いグローカラー。パールホワイト、ピンクグローに反応しない夜釣りの場合、カラーローテーションで使ってみよう。

クリアー/レッドF

赤ラメのクリアレッド。クリアカラーということもあり、まずは常夜灯の下、そして月明かりに使うのがベターだろう。

GF クリアーピンク

グローの入ったクリアピンク。常夜灯の下などで使うのがベターだが、アミパターンなどで使うとより効果を発揮しそうだ。

UVチャート

いわゆるケイムラカラー。太陽光で光るので、主にまづめ時やデイゲームでワームをアピールさせたいときに使おう。

BG小鰯

イワシカラー。常夜灯に反応しやすいブルーのラメがグローカラーになっている。クリアー系のカラーローテーションで大きく活躍しそうだ。

シラスグロー

シルバーカラーに近いグロー。活性が低い状況で、ナイトゲームである程度目立たせたい状況に有効だ。

2.2in ¥385(税込)[7本入り]

問い合わせ/コーモランプロダクト ℡ 0794ー85-4578

タイトルとURLをコピーしました