プラズマライズによって、形になった理想 ソルティメイト ツナギートFC

特徴

●特許技術「プラズマライズ」によって、ライン表面をまるでゴムのような弾力のある特殊ポリマー層に”改質”。ショックリーダーに重要なPEラインとの結束力が、弾力によるケタ違いの「締まり」で大幅に上昇。
●特殊ポリマー層が根ズレ、魚体ズレに対しても大きなアドバンテージを発揮します。
●強力な結束力と耐摩耗性で、いつもより細いラインでターゲットを狙うことが可能です。
●スーパーライトジギングから大型狙いのオフショアまで対応する幅広いポンド規格。
●スプールバンド付

Plasma Rise(プラズマライズ)によって、形になった理想

0.6号や0.8号などのPEラインで楽しむ、スーパーライトジギング。かたや5~6号のPEラインを使って夢の大型魚を狙うバーチカルジギング。 さらにはスロージギングやライトジギングといったいわゆる“○○○ジギング”と付くスタイルは進化し、ターゲットも以前より格段に増加した。 それに伴い道具へのニーズは多様化し、それに応えるように釣具店には多くの道具がディスプレイされている。
一方でショックリーダーに求める性能とはなんだろうか? リーダーに求める性能に関してはおそらく今も昔も変わらないだろう。 それは「直線的な引張の強さ」「結びが強いこと」そして「傷に対して強いこと」である。Tunageat(ツナギート) FCにはこれらのニーズがより一層進化し備わっている。 時代の先を行くフロロカーボンリーダーが新たに誕生した。

衝撃や擦り傷を吸収する「特殊ポリマー層」

「ラインの表面がゴムのような状態であれば、瀬・岩や魚体の硬い部分に擦れても傷がつかないのでは?」という奇抜なアイディアをどうやって実現するか? その糸口がサンラインの新技術「プラズマライズ」である。 フロロカーボンは耐薬品性・難接着性の物質であり、コーティング剤を塗付したのでは簡単に剥がれてしまう。しかし、プラズマライズの特殊なプラズマ処理を施すことで、フロロカーボン表面への「特殊ポリマー層」の形成に成功。 これにより、耐擦傷性、結束強力が大幅に向上した。

耐擦傷性アップ

特殊ポリマー層のクッション性が破断の原因となる擦り傷を吸収。よって傷が生じた後の残留強力が向上した。 ということは臆することなく、シモリ周りや急なかけ上がりを攻めることができる。さらには起伏の激しいボトムを今までよりも丁寧に探ることが可能となる。

結束エネルギーの向上

特殊ポリマー層のクッション性により、スナップやサルカン・リングの結束部分での食い込みが良くなったことで、結束エネルギーが向上。

PEラインとの相性

特殊ポリマー層のクッション性はPEラインとの相性も良い。

というのもゴム系ポリマー層なので、PEラインとノットを組んだときでもPEラインがリーダーの表面を滑りづらくなる。さらには完成したノットもさらにズレ難くなる為、ノット強度も向上する。『ズレない』ということは想像以上にノット強度を高める要素となる。

粘り強さの向上

強烈な引き、瞬発的に引っ張られて生じたエネルギーを吸収する為には、靱性(粘り強さ)が要求される。この靱性は、破断エネルギーという物性値で定量的に示すことができる。マグロ延縄漁用の糸づくりで培った、破断エネルギーをコントロールするノウハウも靭性向上に寄与している。

素材:フロロカーボンライン
号数:3.5〜30号(14〜100lb)
COLOR:クリア
巻数:50m巻(~50lb(14号)) / 30m巻(60lb(18号)~)
価格:オープン価格

タイトルとURLをコピーしました