激レアロッド間違いなし! ファン待望のTRD ジェットストリーム桜鱒

バリバスロッド工房 VARIVAS “Graphite Works” 実に二年ぶりに本流怒涛TRDサクラマスロッドシリーズが極少量製作で復活。

新シリーズはTRD 2019モデルをベースに素材やプライパターンを見直し大幅にブラッシュアップ。

初めてスチール製(鋼鉄製)トップを採用したことで、ティップ先端部分の“フニャ感”(腰抜け感)を払拭。結果、ショートバイトでも顎にハリ先が確りと残り、TRD独自のベリーからバットの滑らかなトルク移動とその相乗効果でフッキング率が確実に高まるはずだ。

キャスティング、操作性もグラスらしからぬ鋼鉄特有の力強さを得られるメリットがある。さらにスチールはチタン合金よりも反響感度が上がるので、手元に伝わる情報がより正確になる。それは体力勝負の持久戦、サクラマスゲームでモチベーションアップにきっと繋がることだろう。

軽さホールド性が抜群で定評ある天然木(楠製)シートは踏襲され、より低レジン化されたグラスマテリアル&アユ竿構造理論の恩恵で振りブレやダルさも極力抑えられている。30年を超え紡いできた「曲げて獲る」「柔よく剛を征する」を彷彿する極上の“粘り腰”に、なぜか懐かしい…金属的でエモーショナルな反響感度(感動)が現代のサクラマスシーンに甦る。

突き抜けろ感性!本流怒涛サクラ/サツキ/湖のビッグトラウト

新グラスファイバー×スチール(鋼鉄製)トップ【801ST】【74ST】が領域を突き抜ける!!
釣期が短く、絶対数も少ないサクラ・サツキ・湖のビッグトラウト。極めて稀有なターゲットを手中におさめるには、如何にマイナス要因を払拭できるかが鍵を握る。【TRDシリーズ】は「バラシ率を極限まで減らす」を命題とし、今回グラス素材も一新。

さらに【スチール(鋼鉄製)トップ】を融合。PEライン使用時に反発力が仇となるカーボン/ボロンロッドを凌駕すべく2年の歳月を費やし本シリーズを開発。四半世紀を超えサクラマスロッドに心血を注ぎ込んできた作者が【ランディング性能】【キャスタビリティ】【操作性】全性能を総括し完全克服! フォーミュラカーの如き新グラスファイバー製ロッドを引っ提げマンネリ化した領域を突き抜ける。

■TRD-801ST-HRX<ジェットストリーム 桜鱒> Full Glass&Steel Top

TRDの文脈に沿い最先端グラスファイバーを踏襲しつつ素材を一新。好評を博した801FS-RXをベースに【キャスタビリティ】【操作性】【ランディング性能】を大幅にポテンシャルアップ。スチール製(鋼鉄製)トップの効果は絶大で、グラスロッド唯一の弱点「腰砕け感」を完全払拭。大型サクラマスの顎にハリを残し確りとフッキング、安心してランディングにもちこめる。

■TRD-74ST-HRX<ジェットストリーム 桜鱒> Hybrid T3 Glass<46T>&Steel Top

サツキ/サクラ/本流マス/湖のビッグトラウトゲームの名立たるフィールドで名竿と称えられた”74″がポテンシャルアップ。超低レジン新グラス素材&46Tカーボン、更にスチール(鋼鉄)製トップの融合で【キャスタビリティ】【操作性】【感度性能】全領域アップ。飽くなきグラス素材への拘りがウエダイズムと称えられる「柔よく剛を制する」精神を現代に息づかせています。

その他の主な共通装備

1. フルグラス/ハイブリッドT3グラス<46T>による史上最強、最新の超低レジングラスブランクス。「強靭な張り」と「粘り腰」とを融合し、PEライン性能を120%最大限に活かす。かつてのボロン神話を凌駕する『打てば響く感度』『柔よく剛を制する』が現代のTRDに蘇る。
2. スチール製(鋼鉄製)トップの効果は絶大!!【キャスタビリティ】【操作性】【感度性能】を確実にアップさせる。更にグラスファイバー唯一の弱点「腰砕け感」を完全に払拭。前作以上に大型サクラマスの顎にハリを残して確りとフッキング、安心して獲り込める。
3. TRD専用開発になるウッドシート&スクリューを装備。軽量かつ高剛性が特徴の楠木製ウッドシートは、「フッ素樹脂を含浸させ磨き上げる」を幾度も繰り返すことで、タフな桜鱒のミノーイングに最適な強靭なコーティング皮膜と天然木の風合い活かした仕上がり。
4. 段々状に組み上げたカーボンメッシュパイプを配した唯一無二なるグリップシステム。【AAAグレードコルク】を採用したブランクスルー構造によって、グリップ全体が適度に曲がり、グラス本来のベンドを活かした軽快なキャスタビリティとランディング性能を誇る。
5. 糸屋が打ち出すシューティング桜鱒ロッドだからこそ、何時如何なる時も専用ラインのポテンシャルを最大限発揮せねばならない。ガイドには富士工業製特注ステルスタイプのSic-Sを採用、PEライン<×8>使用時、スムーズなキャスタビリティとリズミカルな操作性とを獲得。

突き抜けろ感性!サクラ/サツキ/本流怒涛の中~大型マス

新グラスファイバー×スチール(鋼鉄製)トップ【611FC】【611ST】が領域を突き抜ける!!
釣期が短く、絶対数も少ないサクラ・サツキ・本流怒涛の中〜大型マス。 極めて稀有なターゲットを手中におさめるには、如何にマイナス要因を払拭できるかが鍵を握る。【TRDシリーズ】は「バラシ率を極限まで減らす」を命題とし、グラス素材を一新。さらに【スチール(鋼鉄製)トップ】を融合。(ベイトフィネス611FCはブランクス内蔵)PEライン使用時に反発力が仇となるカーボン/ボロンロッドを凌駕すべく2年の歳月を費やし本シリーズを開発。四半世紀を超え本流怒涛ロッドは【ランディング性能】【キャスタビリティ】【操作性】全性能を総括し完全克服! フォーミュラカーの如き新グラスファイバー製ロッドを引っ提げマンネリ化した領域を突き抜ける。

■TRD-611FC-HRX<ジェットストリーム 桜鱒> Full Glass&Steel Top(ブランクス内蔵)

サツキ/サクラ/本流中〜大型マス狙いの名竿、【ベイトフィネス/611FC-RX】が大幅にポテンシャルアップ。超低レジン新グラス素材をフルに採用、スチール(鋼鉄)製トップの融合(ブランクス内蔵)で【キャスタビリティ】【操作性】【強靭な粘り腰】全領域アップ。飽くなきフルグラス素材への拘り、『楠木製・超ロープロファイルシート&ショートトリガー』装備で本流怒涛ベイトフィネスの領域を突き抜ける。

■TRD-611ST-HRX<ジェットストリーム 桜鱒> Full Glass&Steel Top

最先端グラスファイバーを踏襲しつつ素材を一新。TDR一番人気の611FS-RXをベースに【キャスタビリティ】【操作性】【ランディング性能】を大幅にポテンシャルアップ。スチール製(鋼鉄製)トップの効果は絶大で、グラスロッド唯一の弱点「腰砕け感」を完全払拭。 伝統的な[ABUカーディナル3]に拘りつつ、本流怒濤の中〜大型マスを安心してランディングにもちこめる。

その他の主な共通装備

1. 最先端グラスマテリアルにこだわった史上最強、最新の超低レジンフルグラスブランクス。「強靭な張り」と「粘り腰」とを融合し、PEライン性能を120%最大限に活かす。かつてのボロン神話を凌駕する『打てば響く感度』『柔よく剛を制する』が現代のTRDに蘇る。
2. スチール製(鋼鉄製)トップ(611FCはブランクス内蔵)の効果は絶大!!【キャスタビリティ】【操作性】【感度性能】を確実にアップさせる。更にグラスファイバー唯一の弱点「腰砕け感」を完全に払拭。大型マスの顎にハリを残して確りとフッキング、安心して獲り込める。
3. TRD専用開発になるウッドシート&スクリューを装備。軽量かつ高剛性が特徴の楠木製ウッドシートは、「フッ素樹脂を含浸させ磨き上げる」を幾度も繰り返すことで、タフなサクラマス/本流怒涛マスのミノーイングに最適な強靭なコーティング皮膜と天然木の風合い活かした仕上がり。
4. 段々状に組み上げたカーボンメッシュパイプを配した唯一無二なるグリップシステム。【AAAグレードコルク】を採用したブランクスルー構造によって、グリップ全体が適度に曲がり、フルグラス本来のベンドを活かした軽快なキャスタビリティとランディング性能を誇る。
5. 糸屋が打ち出す シューティングサクラマスロッドだからこそ、何時如何なる時も専用ラインのポテンシャルを最大限発揮せねばならない。ガイドには富士工業製特注ステルスタイプのSic-Sを採用、PEライン<×8>使用時、スムーズなキャスタビリティとリズミカルな操作性とを獲得。

SPEC

モデル名長さ(ft.)適合ライン(lb.)推奨PEライン(号)適合ルアー(g)継ぎ価格(税抜)
TRD-801ST-HRX8’1”PE: 0.4〜1.5(X8)3〜21278,900円
TRD-74ST-HRX7’4”PE: 0.4~1.2(X8)1.5〜18277,900円
TRD-611FC-HRX6’11”MRX Nylon: 4~7.7PE: 0.5~1.5(X8)1.5~18487,900円
TRD-611ST-HRX6’11”MRX Nylon: 4~7.7PE: 0.4~1.2(X8)1.2~17279,900円
タイトルとURLをコピーしました