爽快なキャストフィールを体感 P!NKO 22コルト802ML-HSインプレッション

皆さんもぜひ驚きの操作性を体感してください。
年間を通してジグ単の使用率は9割ほど。残りの1割ほどは、沖でしか釣れないというシチュエーション。今回もワームはピンク系をメインに使います。

年間を通して9割はジグ単によるアジングを楽しんでいますが、稀にジグ単では攻略しづらいシチュエーションに遭遇してしまうことがあります。

そう、アジやメバルが沖にいてジグ単ではポイントまで届かないケースですね。

8’0″のレングスはフロートリグやキャロの釣りに最適。アジング専用ロッドながら、なんとリグウエイト20gに対応。

このような場合はジグ単に固執せず、スプリットやフロートを使って攻略していきます。

今回はそういった「ジグ単泣かせのシチュエーション」に最適な22コルト802ML-HSのインプレッションをしていきますね。

こちらのモデルがフォーカスしているのは飛距離で、22コルトシリーズの中でも最も長いレングスに加え、リグウェイトのマックスは20gというスペック。

遠投へのこだわりはエンドグリップにまで及んでいます。
しっかりと握り込めるVSSリールシート。

遠投モデルということでリールシートはしっかりと握り込めるVSSを採用し、エンドグリップも両手で投げやすい形状に仕上がっています。

キャストフィールは実に爽快。

リグのウェイトをベリーが受け止めながら、ロッド全体にエネルギーを溜め込んで放出できるような設計になっています。

搭載されたスリムなティップはまるでセンサーのようで、アタリは手元に響き渡るように明確に伝わってきます。

リールは200g前後のモデルがロッドとのバランスを取りやすい。フロートリグとスプリットを想定し、リールに巻いてきたラインはPE0.3号。

合わせていただくリールですが、200g前後のモデルがバランスを取りやすいかと思います。

ジグ単が届かないポイントの攻略に貢献してくれるアイテム、ジグ単キラーといっても過言ではないモデルですね。

今回の実釣では15g台のフロートリグから1.5gのスプリットシンカーを使いましたが、フロートでは異常なまでの飛距離を、軽量スプリットでは驚くべき操作性を体感することができました。

22コルト802ML-HSが活躍する典型的なシチュエーションは浅いゴロタ場のアジ・メバル狙い。
ウィードエリアではフロートリグが有利な状況も少なくない。

802ML-HSは、まさに豪快にして繊細を体現。

あの潮目の先まで……を可能にした1本に仕上がっております!

タックルデータ

スプリットは沖の攻略に欠かせないお助けアイテム。

ロッド :OLYMIPIC
22コルト802ML-HS
リール :ダイワ

12ルビアス2004
ライン :PE0.3号
リーダー:ジョイントライン1.2

フロート :Arukazik Japan
Shallow Freak

ダイブ16.6g
スプリット:Arukazik Japan
スプリットシンカー

1.5~7g
ジグヘッド:アクアウェーブ
スイムヘッド0.3~2g
ワーム :アクアウェーブ
スーパージャコ2.4in
マッスルバグ1.8in
フラップイール2.2in

2022年、秋頃登場の予定です。

問い合わせ/オリムピック ℡ 06-6533-8988 

タイトルとURLをコピーしました