ランガン最強のパートナー
マルチフックキーパー(MHKM)

ランガンをするとき、いちいちルアーを外していては時間がもったいない。

しかし、フックをガイドに掛けておくのも傷が不安。

リールのベイルなどに掛けておくのもちょっと……。

だからといってルアーをフリーにして歩き回るのは、危険だ。

そんなときに役に立つのがマルチフックキーパーである。

このようにロッドにセットしておくだけ。

フックを掛けておく場所があるだけで、ガイドやロッドを傷つける心配はないし、何より手軽だ。またワームなどの複雑な仕掛けでも、シンカーやフックの一部を掛けておくだけで簡単にまとめておくことができるのだ。

フック外れ防止のWロック機構もあり、しっかりとフックをロックしてくれるのも大きな魅力だ。

製品概要

安全・安心のWロック機構(PAT.P)を新開発

ボディとフックで釣りバリを挟みホールドするため、従来品よりもフック外れを防止でき、より安全・安心に釣り場までの移動をすることができる。

開放型フックを採用

オフセットフックやダウンショットリグをより掛けやすくするために、開放型のステンレスフックを採用。オフセットフックのハリ先をワームから引き抜かずに、フックキーパーへ簡単に掛けることができる。

キャスト時にラインが絡み難いフラットボディー

折りたたみ時の全高をできるだけ低く設計するため、180°の開閉構造を採用。
またフラットボディは、釣り最中の糸絡みを減少することができる。

後付け・スライド型で、取り付けカンタン

ロッド装着後にゴムリングで自由に取り付け位置を調整することができる。

使用方法

取り付け方法もいたって簡単。誰でも気軽に使用可能。

豊富なカラーバリエーション

▼ 公式動画はこちら ▼

タイトルとURLをコピーしました