シリーズ初となる、松田式半遊動横ウキ 松遊

V字ウキ止めとシモリ玉が任意の深ダナで止まることで全層を探りつつ、仕掛けの根掛かりや底這いを回避できる半遊動横ウキ。

ウキ止めを外した従来の全層釣りや、余浮力以上のオモリを使った沈め釣りにも使用可能。

表層の青物、浅ダナの尾長や湧きグレ、深場のイサギやマダイなど、磯釣りを幅広く楽しめるウキになっている。

ボディカラーはスレたグレに有効なオキアミ同調カラー(つや消し仕上げ)で、イエローグリーンをウキの上部に配色し抜群の視認性を得られる。

Mサイズは従来の松田ウキに近い使用感、Lサイズは重量モデルで、遠投性と安定感がある。

特徴

和桐

松田稔曰く、発泡ウキはFRP船、和桐のウキは木造船。松田ウキがポコポコもフラフラもせず、風や波があってもピタッと安定するのは、木目のそろった和桐を使っているからである。

極薄うるし塗装

和桐の特性を生かすには、塗装は薄ければ薄いほどよい。松田ウキの塗装には、キメの細かな工業うるし(カシュー)を使用。

しかも極薄に仕上げるため、塗っては乾かして水ペーパーを繰り返している。

ヘッドにはカラー塗装、仕上げにはクリア塗装を行うが、ここでもその都度ペーパー掛けを行うため、塗りの回数だけで実に12回にもおよんでいる。
また松山は、究極の潮なじみを実現するため、つや消しの特殊塗装で仕上げている。

2段パイプ

ウキで止まるシモリ玉を、頭部ではなく底部で受けとめるための低支点特許構造。これにより、遊動時も重心が落ち着き、わずかなブレも発生させない。

また魚が引っ張ってもウキにブレがないため違和感なく食い込み、ヘラウキのようなきれいなアタリが出やすい。さらにウキ止め糸(松田式)をV字型に結ぶことにより、遊動でありながら固定感覚で操作することも可能。言い換えれば、固定仕掛けとして使用する場合でも、ようじ止めが不要である。

しかもこの場合、糸がウキのセンターを通るため、従来のようじ止めよりさらに重心バランスが優れる。糸スベリも抜群で、深ダナでも仕掛けなじみが非常に早く、ストレートパイプの3倍の早さで「釣れる状態」を作れる。

SiCリング

SiCリングは、抜群の糸スベリを実現。それとともにウキ止め糸(松田式)を確実に止めるので、潮流が速い釣り場や、竿1~2本の深いタナでも、固定仕掛けの「張り」や「誘い」が可能。一度抜けると再度なじませるのが困難な状況において、SiCリングは確実に釣果に直結する。

問い合わせ/サンライン ℡ 0800-200-1410

タイトルとURLをコピーしました