アニメ「スローループ」の美人声優が、釣りフェスティバル2022の舞台でフライフィッシングに挑戦!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

現在放映中のスローループに登場する3人の美人声優が今回の釣りフェスティバル2022で初めてフライフィッシングに挑戦しました。

挑戦したのは海凪ひより役の久住琳さん。海凪小春役の日岡なつみさん。吉永恋役の嶺内ともみさん。

フライフィッシングの講師はフライショップ「ハーミット」の稲見一郎さん。

フライフィッシングは仕掛けが毛バリのみのため、フライラインという重たいラインを使って飛ばす、イギリス発祥の釣り。アニメ「スローループ」の題材になっているのもフライフィッシングです。

キャラクターとしては主人公のひよりがベテラン。小春は初心者。恋はフライショップの娘という役回りなのですが、果たして担当声優さん達は、うまく釣れるでしょうか?

先生に教えてもらうものの苦戦する3人。
本人は気付きませんでしたが、すでに久住さんの毛バリに小魚がつついていました。

「釣りたいという気持ちが大事」と語る講師の言葉に答えるように、実力をつけていく三人。いよいよ実釣へ移ります。

「ぱくんってこい!」と劇中のキャラクターの台詞も交えながら和やかな釣行が続いていた。

ニジマスの激しいボイルが発生! 先生も「今投げれば釣れる!」と興奮気味。そこで日岡さんの毛バリに魚が食いつきます。……が、ここではバラシてしまいます。

しかし、さらに立て続けで日岡さんの竿が曲がります。釣られまいと跳ねるニジマスを手繰り寄せ、嶺内さんのタモにイン。劇中では釣り初心者の小春役の日岡さんが、ファーストフィッシュを手に入れた。こちらはキープして後でおいしく食べるそうです。

そして、次は嶺内さんがニジマスを陸にあげました。……と同時に後ろの木にひっ掛けてしまいます。地面についたのでこちらもキープ。

釣り初心者方のために解説をすると、魚にとって陸はフライパンの上と変わりません。ものすごく熱く、池に戻したとしても大やけどをしている状態と同じで、死んでしまう可能性が高いのです。なのでリリース予定の魚は陸に上げずに、丁寧にかえしてあげましょう。海はともかく管理釣り場の場合は特に、ルールとして禁止されている場合もありますので注意しましょう。

二人に先を越されていた、劇中ではベテランの久住さんでしたが、ついにここで竿が大きく弧を描く! 慌ててリールを(逆に)巻く久住さんでしたが、ついにニジマスをゲット。無事一人1尾ずつ釣り上げ、フライフィッシング初挑戦は見事成功に終わります。

そんな三人が出演する「スローループ」は現在放映中。かわいい絵柄ながらも、お互いに親や弟を失い、再婚して姉妹になった二人の複雑な思い。ですが少しずつ心を開いていく、いいお話です。興味がわいた方はぜひ視聴してみてください。

タイトルとURLをコピーしました