ティップランで大活躍 エギ王TR

デカバリ・スズウエイト仕様でリニューアル!

ピタッと止まる安定スイムでアタリを誘発するティップラン専用エギにサイズダウンの3号が新たに登場。

ティップランにおいて安定感が重要とされるのは、イカがエギを捕まえやすい状況を作りたいから。強い流れの中で動き回るエサより、どこか無防備な餌を演出することがアタリを誘発するポイントとなる。

ヤマシタが目指したのは、「動かずに泳ぐ」という一見相反するようにも見える要素の融合。アタリが集中するといわれる誘いの直後からエギを止めてアタリを待つタイミングで、エギがスラロームしてしまったりブレが生じないよう、エギ王TRには安定のスイム姿勢を支える、さまざまなこだわりが詰まっている。

「フィン」+「シンカー」 +「ボディ」+「デカバリ」の相乗効果による全身安定構造となっている。アタリが欲しいここぞというタイミングでピタッと止まる、船上でライバルよりも多くアタリを得るために開発されたのがエギ王TR。 シンカーの素材には環境負荷に配慮したスズを採用している。

安定性の機能要素

エギ王TR05

デカバリ

リア側に搭載したデカバリは、パラシュート効果を生み、エギの動きを安定させる。
また、イカの足にしっかりとフッキングできるため、身切れ防止にも繋がる。

エギ王TR07

ハイドロフィンTR

従来のハイドロフィンとは異なり、縦・横方向のブレを制御するために十字形状のフィンを採用。釣り人から遠く離れた潮流の中でも、エギの姿勢を安定させる。

エギ王TR04

ハイドロシンカー

安定したスイム姿勢を保つための、舵の効果を併せ持った独自のシンカー形状。素材には環境負荷に配慮した錫を採用している。

従来の鉛素材と比較して錫は比重が軽く、体積が増加することから水の抵抗を受けやすくなるため、最適な安定性能を引き出すために27gの重量としている。

エギ王TR06

ハイドロボディ

従来のエギの形状に捉われず、独自の発想で設計されたハイドロボディ。通常のエギに比べ、横へ鋭角に張り出したようなシェイプが、エギ王TRの安定感を支えるために非常に重要な役割を果たしている。

エギ王TR08

490グローフィン

イカが最も見やすい490グローをフィンに採用。

光量の弱まる水深のある場所や笹濁りのあるシチュエーションで特に効果を発揮する。

カラーバリエーション

エギ王TR 001 金アジ

エギ王TR 001 金アジ

アジカラーの実力はショアだけのものではない。ティップランでも実績が高い不可欠カラーで、フラッシングで広範囲からイカを呼び寄せる。

3.5号 3.0号金テープ

エギ王TR 006 軍艦グリーン

エギ王TR 006 軍艦グリーン

緑と赤のコントラストがイカの視覚を刺激するカラー。海中に溶け込むグリーンとシルエット効果がある赤テープの組み合わせが、光が届きにくいデープエリアのイカを誘惑するカラー。

3.5号 3.0号赤テープ

エギ王TR 026 オレンジゴールド

エギ王TR 026 オレンジゴールド

オレンジ背色+金テープボディのど定番カラー。アピール力が強いため、群れと遭遇したラッシュ時に効率よくイカを仕留める。

3.5号 3.0号 金テープ

エギ王TR 033 レッドグレープ

エギ王TR 033 レッドグレープ

濁り潮やディープエリアで活躍するカラー。赤テープのシルエット効果で、イカにしっかりとアピール。

3.5号 3.0号赤テープ

エギ王TR 056 パープルパープル

エギ王TR 056 パープルパープル

シーンを選ばず活躍する大人気カラー。澄潮やディープエリアでの実績が高い。

3.5号 3.0号 紫テープ

エギ王TR 059 ケイムラピンク

エギ王TR 059 ケイムラピンク

ケイムラボディとピンクを組み合わせた定番カラー。澄潮はもちろん、笹濁り時にもしっかりとイカにアピールするカラー。

3.5号 3.0号ケイムラボディ

エギ王TR 060 ケイムラブルー

エギ王TR 060 ケイムラブルー

ケイムラボディとクリアブルーの組み合わせが澄潮に馴染み、活性の低いイカに効果を発揮するカラー。

3.5号 3.0号ケイムラボディ

エギ王TR 061 ミステリーパープル

エギ王TR 061 ミステリーパープル

怪しく透けるパープルボディで定番色をアレンジした新たな一手。

3.5号 3.0号ケイムラボディ

仕様

サイズ:3.5号、3号
重量:27g、21g
沈下スピード:1.2秒/m、1.5秒/m

問い合わせ/ヤマリア(ヤマシタ) ℡ 045-716-5705

タイトルとURLをコピーしました