遠投能力がアップしたウキ α-トビコン

内蔵オモリによって重心移動することで、安定した飛行姿勢を確保し、より正確に抜群の遠投性能を実現した「トビコン」シリーズに、αタイプが登場。

従来品より重量アップさせて、遠投性能を格段にアップさせると同時に、耐久性能も見直した。さらに、トップも明るくなり遠投した時の視認性も良くなった。

特徴

従来のウキ仕掛けの場合、ポイントへの投入時にはオモリが道糸とハリスを引っぱり、そのまま着水する。

これでは風の向きや仕掛けのバランスで、ウキ周辺に道糸やハリスが絡むことが多くなる。またオモリの形状によって違いがあるが、遠投する場合着水音が大きくなってしまう。

トビコンのウキ仕掛けの場合、ポイントへの投入時にはウキが道糸とハリスを引っぱり、V字型にウキがトップから着水するのでラインが絡みにくく、着水音も小さくなる。

また水中で仕掛けがなじむと、内蔵シンカーがウキの足部へスライドし素早くウキが立つ。

■自立タイプ:3B、0.5号、0.8号、1号
■非自立タイプ:1.5号、2号、3号
■オープン価格
■使用電池:リチウム電池BR435

問い合わせ/ヒロミ産業

タイトルとURLをコピーしました