操作性にこだわり、安定した取り込みを実現する ダイワ・MD ISO 玉の柄

MD ISO 玉の柄

操作性にこだわった張り・軽量化により、安定した取り込みを実現する実釣で差が出る玉の柄シリーズ。玉の柄に求められるのは波風にもまれてもネジレなく、確実に玉網で獲物を捕らえる操作性。

MD ISO玉の柄はスペック上の自重よりも実釣における使用感(張り)とネジレの抑制を優先して開発されている。

上栓

軽量上栓採用

実釣時に玉の柄に求められるのはターゲットをすばやく玉枠に滑り込ませる操作性。先端の上栓を軽量化し、操作性を向上。

下栓

軽量下栓搭載

新軽量下栓は穴を大口径し、伸縮時によりスムーズに空気が抜けるように設計。また、デザインも一新し見た目もスタイリッシュな形へと変更。

玉口RT加工!(♯2~元竿)

玉口RT加工!(♯2~元竿)

♯2~元竿にかけては口金部を交織クロスで補強。玉口強度アップと共に軽量化を実現。

スペック表

タイトルとURLをコピーしました