百合野崇

エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第九回「乗っ込みシーズンの心得」

チヌ釣り師にとっては、3〜4月はやはりワクワクしますし、私自身も20年以上チヌ釣りをしていますが、毎年心ときめきます。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第八回「マキエの濁り」

マキエは選び方一つで釣果の差別化が図れ、大会の勝敗を左右する。マキエの濁りの利点とデメリットを紹介。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第七回「誘い」

その日の釣果を大きく左右し、競技などの勝敗を左右する誘い。私なりに思う誘いについてお話しさせていただきます。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第六回「ガン玉二段打ちの理由」

高速スルスル基本仕掛け。軽い仕掛けで本命が釣れない、もしくは完全に上層を見切るような場合、高速スルスルに切り替えます。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第五回「ガン玉の役割 その1 口オモリ」

小さなオモリのガン玉ですが、役割は釣果に影響し「ガン玉を制す者は試合を制す」と言われるぐらい重要です。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第四回「科学的に釣りが飛躍する」

PEラインの方が細い分、潮や風、摩擦の抵抗が低いので、特に悪条件であればあるほどその差が如実に出てきます。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第三回「PEラインとの出会い」

PEラインを道糸として使いはじめて3年ぐらいの年月が経ちますが、私の釣りにとってPEラインが最も釣りに変化を与えました。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第二回「集魚材の話」

自分にとっての理想を求めています。なので毎回配合の種類を変えて使っているというよりも、試しているといった方が正解です。
エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第一回「チヌバリ」

タックルの中で魚に触れる部分はハリ。接触するのは一瞬で、それをモノにするには、ハリの特性を知り使い分ける必要があります
タイトルとURLをコピーしました