rock

ルアー釣り<海>

青物狙いのショアジギング フィールド別タックル&狙い方

ショアから狙える青物として人気が高いのはブリとヒラマサ、サワラ、カンパチなど。身近な堤防やサーフからも狙うことができますが、磯なら、より大型に出会うチャンスがアップします。
ルアー釣り<海>

わずかなアタリを捉える! ティップランエギング

ボートエギングとの違いは、エギをキャストせずに船べりからそのまま下へとフォールさせることで、船の流れを利用して、エギを移動させながら広範囲にアピールしていきます。
ルアー釣り<海>

堤防で楽しむショアジギング

ショアジギングといわず、すべての海釣りで最も手軽に楽しむことができるフィールド、それが堤防です。
ルアーの基本

ヒラマサキャスティングの必須ルアー ダイビングペンシル

オフショアのルアーではメタルジグやタイラバなどボトムを攻めるためのものが多いですが、青物やマグロ、GTなどの大型魚をトップに誘い出して狙うキャスティングゲームで欠かせないのがダイビングペンシルです。
ルアー釣り<海>

PEラインの優位性と加工による特性の違い

今までメインラインとしての地位を築いてきたナイロンラインと比べると、PEラインはまず感度が圧倒的に優れています。
ルアー釣り<海>

釣れないときのローテーション術 タイラバ編

釣果を上げるための戦略の一つに、ルアーローテーションがあります。ルアー自体を替えたり、同じルアーでもカラーを変更したりして、どれが反応を得られるのか探っていく作業を繰り返します。
ルアー釣り<海>

型・数ともに大満足! ボートエギング

陸っぱりで大人気となったエギングにボートの機動力をプラスしてより高い釣果を目指したのがボートエギングです。
ルアー釣り<海>

人気上昇中の電動リール ルアーフィッシングでのメリット

ひと昔前まで、電動リールといえば大きくて重いため、船ベリにタックルを固定するエサ釣りで使うというイメージが強かったですが、近年の小型・軽量化されたものは、通常のベイトリールと比べても遜色ありません。
ルアー釣り<海>

ルアーで狙う! 陸っぱりタチウオ

秋の気配を感じるようになったころから陸っぱりでも姿を見せるようになってくる銀色に輝く人気者、タチウオ。
ルアー釣り<海>

ハイピッチで狙う!ヒラマサジギング

暴力的な引きで大物狙いのアングラーに人気が高いヒラマサ。比較的大きなベイトを追っている夏は、サイズの割には引きが強く「夏マサ」として高い人気を誇っています。
ルアー釣り<海>

人気のタイラバ用ワーム 選び方とセット法

ワーム選びのポイントとして、念頭に置いておかなければならないのが、どういう使い方をするかということです。
ルアー釣り記事

フィッシングツアーを利用してみよう

ツアーを利用すれば、いつもと違った釣りを楽しめるだけでなく、行ったことのない、憧れの場所での釣りを現実のものとすることが可能です。
ルアー釣り<海>

ナイト&デイ シーバスの基本の狙い方

数あるルアーゲームの中でも「これぞソルトルアーの王道」と言えるターゲットがシーバスです。
ルアー釣り<海>

タイラバにワームをセットするメリット

タイラバで新たなアイテムとして注目を浴び、現在ではすっかり定着してきたのがワームです。
ルアー釣り<海>

超エキサイティング!ヒラマサキャスティング

ヒラマサ狙いで人気の釣り方にキャスティングによる、トップウォーターゲームがあります。ダイビングペンシルやポッパーといった大型のプラグをキャストして水面でアクションさせてターゲットを誘い出す釣法です。
ルアー釣り記事

ベイトリールの機能を使いこなそう

巻き上げスピードやフォールスピードが表示されるタイプはタダ巻きを多様するタイラバやSLJでは特に重宝します。
ルアー釣り<海>

ショアラバでマダイを狙う!

タイラバなどのオフショアフィッシングブームでマダイは船で釣るものというイメージが強くなっていますが、もちろんショアからも狙えます。
ルアー釣り<海>

大漁狙える! タチウオジギング&テンヤ釣り

オフショアでもタチウオは人気の高いターゲットです。タチウオのシーズンはエリアによって多少異なりますが、気温と水温が上昇する夏ごろにスタートして、秋が本番、年内で終了というパターンが一般的のようです。
ルアーの基本

ワームのメリットと材質による特性の違い

ワーム自体やワームを使うリグにはハードルアーにはないメリットが数多く存在します。いったいどのような面が優れているのでしょうか。
ルアー釣り<海>

スロージギング タックル選びのポイント

スロージギングを本格的にやりたいのならやはり専用のロッドを準備した方がよいでしょう。通常の青物用のジギングロッドとはかなり性格が異なるからです。
キャンプ&OD記事

人気急上昇! カヤックフィッシング

アウトドアブームに牽引されて、人気上昇中のカヤックフィッシング。エンジンやモーターといった機器を必要とせず、自分の力を動力とした手軽さがウケています。
キャンプ&OD記事

免許不要で自由を手に入る! 2馬力エンジンボート

もっと手軽にオフショアの釣りを楽しみたいというアングラーから人気を集めているのが、マイボートを利用したゲームです。
ルアー釣り<海>

初級者向け 船釣りデビュー! 遊漁船の利用のしかた

遊漁船を利用するのは、最初は結構勇気が必要です。これからオフショアデビューを果たしたい人へ向けて、遊漁船利用の基本を解説します。
ルアー釣り<海>

SLJに効果抜群! 基本のスロージギングテクニック

スロージギングはフォールを重視したスタイルとなります。さまざまなスロージギングテクニックが存在すしますが、基本となるロングフォールアクションとスローピッチジャークを紹介します。
ルアー釣り<海>

あらゆるターゲットに効く スロージギングとは?

ギングというカテゴリーが成熟して、熟成化が進むと共に新たなメソッドが生まれることとなりました。それがスロージギングです。
ルアー釣り<海>

人気上昇中のイカメタルとは

ボートエギングやティップランエギングが主にアオリイカ狙いなのに対して、イカメタルゲームは主にケンサキイカ(エリアや季節によってはヤリイカやスルメイカ)をターゲットとした釣りとなります。
ルアー釣り<海>

チニングで狙うポイント&タックル

チヌ(クロダイ)はソルトウォーター(海釣り)のターゲットですが、汽水域を好む魚でもあります。汽水域とは海水と淡水が混ざり合っている場所のことで、それはズバリ河口付近となります。
ルアー釣り<海>

沖磯のショアから狙う! イサキ

イサキはショアからも狙えますが、釣れる場所が限られてしまいます。それはズバリ磯です。中でもやはり沖磯へ渡るとグッと釣果は高くなります。
釣りWEBマガジン

釣ってよし、食べてよしの夜焚きイカ

真夏の夜の海、沖に浮かぶ眩いばかりの光が海面を明るく照らす。北部九州・山口から日本海側で盛んに行われている「夜焚きイカ」です。
ルアーの基本

ロックフィッシュ狙いの定番リグとは

ワームを使ったリグのメリットはナチュラルなアクション&波動でターゲットにアピールして、根掛かりしづらいということでしょう。
ルアー釣り<海>

釣れる! SLJで狙う イサキ

梅雨入り前ころから釣果が上向き始め、夏場にかけてよく釣れる人気ターゲット、それがイサキです。
ルアーの基本

ジグヘッド 形状別の特性と使い分け

釣具店に行くとたくさんのジグヘッドが並べられています。いろいろな形状のものがあるので、一体どれを選んでよいのか悩むものです。形状による特性の違いを理解して上手く使い分けていきましょう。
ルアーの基本

代表的なワームの種類と特徴

実際にワームを使う際に基本スタイルを理解しておくと、どのようなリグにどのような形がマッチするとか、どういう状況でどのような形を選べばよいかなどが見えてきます。
ルアー釣り記事

初心者でも安心 ショアジギングで狙うタチウオ

タチウオは堤防では夏ごろにポツポツと指2本程度の小型サイズが食ってくるようになり、11月ころハイシーズンを迎えます。
ルアー釣り記事

磯釣り師がちょっと合間にルアーを楽しむ! ロックフィッシュ編

近年人気上昇中のロックフィッシュゲーム。そのパワフルな引きも魅力ですが、なんといっても食味が最高で、お土産としても喜ばれることでしょう。
ルアー釣り記事

イカメタルで数を稼ぐには

イカメタルは金属製のスッテを使ってヤリイカやケンサキイカ、スルメイカなどを狙っていくゲームです。
ルアー釣り記事

磯釣り師がちょっと合間にルアーを楽しむ! イサキ編

ルアーにアタックしてくるイサキはオキアミなどのエサを食ってくる個体に対して、サイズがかなり大型になる、という傾向が高いです。
ルアー釣り記事

磯釣り師がルアーを楽しむ! アジング編

これから水温が高くなるにつれわずらわしいエサ盗りも増えてきます。特にアジ・サバという足の速い連中が入ってくるとお手上げです。
ルアー釣り記事

チニング ルアーで狙うチヌ(クロダイ)

シーバスゲームの外道扱いでしたが、ルアーによる釣り方が確立されるとメインターゲットとして狙うアングラーが増えました。
ルアー釣り記事

ナイトゲームのススメ 常夜灯絡みのポイントを攻めよう!

おすすめなのが夜釣り。ルアーフィッシングではナイトゲームと呼び、昼間よりもむしろ夜間のほうが高い釣果を得られます。
タイトルとURLをコピーしました